1stシングル 「HOW」への想い 海老澤亜美 編

HOWを聴くと、人生はまだまだこれからだと思わせられます。

この曲の凄いところは聴く人の立場によって色が変わるところ。

夢 というワードが多々登場するこの曲は一見キラキラしてそうに聴こえるけど、実は現実的な挫折や孤独を踏まえた上で作られています。

だからこそ、誰でも抱くレベルの小さな夢や希望から、将来的な夢を持つ人。もしくはもっていた人それぞれの胸にグッと刺さる曲なんです。

人生全てがうまく人なんていない。
理想ばかりだけではない歌詞が誰の心にも身近に感じられる。
そんな、自分の心に親近感が湧く曲なんです。